小4/理科:先取りシリーズ「演習問題集」は良い教材

2019年06月(小4)


2019年6月25日(火)。

 

先取りシリーズの理科「演習問題」(上)のサピックスで扱った範囲の「練習問題」コピーを取っておいた。昨日夕方に、娘はこれを実施。

 

恐ろしいことに、その日だけで上巻の8割は解いてしまった。。管理する僕の負荷が増大。

 

勿論、ぽろぽろと間違えるので、その理解が怪しいところを補強することになりますが、以下が判明。

 

①「練習問題」を優先すべき。問題形式だから。「まとめてみよう」は後回しで良い。

 

②サピックス理科だけでは、絶対にダメ。問題演習量が圧倒的に足りない。

 

③小4理科は問題をどれだけ解いたかで決まると思われる。なので、先取りシリーズだけでは足りない。他のテキストも仕入れる必要がある。

 

・・・たぶん、社会も理科と同じだと思われます。娘は理社が弱いので、同じように対策をうちます。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語C②(=小3)【2019年05月07日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki