小4/リブログ:”小2/親の会話:創意工夫の経験が足りないのかも”

2019年06月(小4)


2019年6月26日(水)。

 

小2戦記君、2年前の記事。

 

苦しいねえ。算数で手を動かしてくれないので、苦しんでいる様子が記録されています。まあ、これから1年後の小3になっても手は動かなかったのが現実だが。これは、親として言い続けるしかないと思います。小4の現在になると、さすがにテスト中は手を動かしてくるようになっていますが、自宅学習では手抜きしていることもある(模様)。

 

・・・まあ、小2戦記君は「僕らの子供だから仕方ないか」みたいなトーンですが、そんなことを考えて腐っても仕方が無い。「マネジメントの方法」を変えていったほうが良いと思うよ。

 

=quote=

僕:「そうなんだよな。きらめきをやりこんで、大分マシにはなってきた。とはいえ、"考える"とか"試行錯誤する"とか"工夫する"とか、たぶん、本質的な部分を理解していないと思う。まあ、俺ら両親が創造性に富むようなタイプではないから、仕方が無いのかもしれないけど、それを言ったらおしまいか。」

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki