小4/ジュニア算数オリンピック:2017年と2018年のファイナリスト分析

2019年06月(小4)


2019年6月29日(土)。

 

ジュニア算数オリンピック。全くのノーガードだったので、何も知らない。これでは流石に娘に対して申し訳ないので調べてみました。データソースは、キッズBEEを受験した際の「結果報告書」。

 

2年分のデータしかないが、過去2年は、小5が75%、小4が25%。小4女子は10名程度なので、やはり数が少ない。今回2019年のファイナリストは301名なので、人数は昨年の299名とほぼ同じ。

 

最大の謎は、各カテゴリーの受験者数が公表されていないこと。

 

====

ジュニア算数オリンピック

 

(1)2018年ファイナリスト

①5年生:225名(75.5%)

②4年生:72名(24.2%)※内、女子は8名前後(2.7%)

③3年生:1名(0.3%)

合計:298名(100.0%)

※報告書には299名とあるのでたぶん僕が数え間違い。

 

全カテゴリーでの国内受験者数:5,015名

国内会場数:220会場

 

(2)2017年ファイナリスト

①5年生:181名(75.4%)

②4年生:59名(24.6%)※内、女子は10名前後(4.2%)

合計:240名(100.0%)

 

全カテゴリーでの国内受験者数:4,530名

国内会場数:213会場

====

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki