小4/リブログ:”小1/公文:シンキングタイムを邪魔しない”

2019年06月(小4)


2019年6月30日(日)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

小数やら分数の先取りという「処理系」でも、娘には考えさせていましたね。最近なんとなく思うのは、「親が勉強を教える」というのは最善の手ではないのではないか。「自己解決できるかどうか」が大事であり、自己解決できるギリギリの問題を出すことが鍵なのではないかと。

 

だとすると、その状態を狙ったわけではないが、公文ではギリギリのラインを恒常的に維持し、RISU算数でも似たようなかんじになったものと思われる。

 

=quote=

娘:「・・・ちょっとまってて!(手の平を僕に向けてストップのサイン)」

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki