小4/リブログ:”小2/きらめき算数脳2年:自分で問題を選んでもらった”

2019年06月(小4)


2019年6月30日(日)。

 

小2戦記君、2年前の記事。

 

おお、これは面白い考察ですね。寝坊した小2戦記君は、起きるのが面倒なので、娘にきらめきの問題を選ばせたが、(さっさと勉強を終わらせたい)娘は「解けそうな問題」を選んで解いた、という実験結果になっている。そりゃ、楽したいよな。

 

先ほど書いた小1戦記君は「親が度を越えた関与をしない」ことに気が付いているが、小2戦記君は「自分が関与しすぎた」ことを認識していることが面白い。つまり、反省を活かしていないということだねwww。

 

たぶん、きらめきを初見で解く場合、「子供に選ばせる」のが一番だと思います。その過程を通じて、問題の取捨選択能力の基礎が養われる。小4のサピックスレベルまでは全問題解ける必要があるけど、キッズBEEとかジュニア算数オリンピックとかの場合、正答率20%未満の問題を見極める力はあった方が良い(・・・と、偉そうなことを言える立場ではないのだが、、、記録に残しておく)。

 

表現が難しいが、「自分の力で、解けそうか、解けそうではないか?」の見極め力。あとは、「推定力」だな。気が付いたことがあるので、これは別途記事にしておきます。

 

ありがとう小2戦記君。君の失敗を活かすことができるよ。

 

=quote=

・・・なんてこった。これまで、僕が娘のためと思い、問題を選択してきた。これまで、娘が自分で解く問題を選ぶ、という主体性のある行動を促してこなかった。与えられた問題よりも、自分で選んだ問題の方が解いていて楽しいだろうし、難しくても考え抜くのでしょう。

 

そして、「解けそうな問題を解く」という判断基準は極めて重要ではないか!テストの際の時間配分につながるものです。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki