小4/リブログ:”小1/読み聞かせ:「ところが」に注目”

2019年07月(小4)


2019年7月19日(金)。

 

小1戦記君、1年前の記事。

 

そういえば、小1の夏休み手前までは、読み聞かせも頑張ったなー、と遠い目。

 

年少~小1でよく親が勘違いするのは、「読書好き = 国語ができる」という思い込み。現実はこの真逆で、「多読をする = 国語が出来ない」と思います。理由は簡単で、①上っ面をものすごいスピードで読んでいるだけ、②幹となる語彙力がないと、ぼんやりした文章を読んでいるだけ、だからです。

 

これ、深刻なのは、

 

親:「うちの子は、これだけの本を凄いスピードで読めるのだから、国語できるのかも♪」

 

と期待しちゃうことですかね。テストを受ければ一発でこの幻想が砕けることになるわけですが、低学年の国語テストは簡単すぎて、実は「読解力」とか「記述力」については計測していません。なので、小2くらいでこれに気が付くと、実は先頭集団は国語においても遥か先に行っていて、そこからの巻き返しが辛いという構造。

 

解決法は簡単。「語彙力の強化」×「多読」=「読解力」。TOEFLやGMATの対策方法と同じです。基本語彙力無き読書は、時間の無駄。

 

=quote=

・・・と、必ずしもうまく行きませんが、良い読み聞かせの方法がないか、日々模索しています。僕が読み聞かせをする時間よりも、娘が一人で読む時間の方が長いし、またそうあるべき。よって、早い段階で、「物語の展開だけを拾い読みする速読ではなく、じっくり文章を味わう精読」の基礎を固めることが、その後の読書タイムを豊かにするのでは、と考えています。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki