小4/リブログ:”小3/公文:小3で2次方程式の問題に取り組む意味”

2019年10月(小4)


2019年10月22日(火・祝)。

 

小3戦記君、1年前の記事。

 

公文数学Iは趣味の領域。数学Jは、更に趣味の領域。しかし、中1鉄緑会のカリキュラムに対応できるのも事実。長期的目線にたつならば、趣味ではなく実利になります。

 

=quote=

この「試す」という処理ですが、数字の組み合わせパズルと本質的には変わらないので、組わせのトレーニングにはなるでしょうね。しかし、これが得意になったからといって、算数的能力が伸びるとは思えません。

 

もはや完全に趣味の領域にあると思います。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J/上位0.3%/東京都29位【2019年1月29日から】

②公文:国語J/上位0.3%/東京都16位【2019年5月7日から】

③公文:英語GI/上位86%【2019年10月8日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:パス単5級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki