小4/雑考:妻の干渉

2019年12月(小4)


2019年12月27日(金)。

 

多くの家庭では、母親がお子さんの勉強のマネジメントを担当(というか、父親が手を動かさないのでやらざるを得ない)しているかと思います。

 

そして、お子さんの成績が低下するとか、テストで悪い点を取ると、

 

父親:「おい!なんでこんなことになっているんだ!俺がみるから、おまえはどいていろ!」

 

となり、しかも、途中で放り出すパターンが多いかと想像します。

 

全く、迷惑ですよね。

 

・・・我が家は、これが逆のパターンです。

 

妻:「なんで塾の授業中のテストで点を取れないの?なんで成績が良くないの?やり方がまちがえてるんじゃない?対策はどうするの?」

 

こういうのを、夫婦二人きりのときに言うのはいいけど、娘が朝勉強しているときにやるのは、ほんとやめてもらいたい。妨害行為である。

 

口を出すならば最後まで責任もってやってもらいたいし、結果責任もマネージャーとして負ってもらいたい。そもそも、妻のマネジメントに問題があり、新小1の3月時点で悲惨なことになっていたのを、ここまで持ち上げたのである。

 

尚、以下が思うことである。

 

①短期的に成績を上げるのは簡単。時間を使えばよいから。

②ただ、日々の基本動作に問題があると、授業中のテストとかで点を落とすことになるから、それは改める。

③先取りの効果は、現学年には反映されない。

 

・・・結果を出さないとぐちゃぐちゃ言うことになるので、こういう面倒なことを回避するためにも、テスト中には集中しきってもらいたいものである。最近、娘はテスト中の集中力に問題があると思われる。

 

尚、現学年であるサピックスの小4の12月で、この立ち位置で妻から文句を言われるのは、僕としてはたまったものではない(苦笑)。凡人でここまでいるのだから、上出来だと思うのですが。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J/上位0.3%/東京都27位【2019年1月29日から】

②公文:国語K/上位0.3%/東京都15位【2019年10月26日から】

③公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:パス単5級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki