新小5/サピックス:4科目の1回目授業を経験して分かったこと

2020年02月(新小5)


2020年2月13日(木)。

 

新小5のサピックスの授業スタイルです。

 

・[xx]曜日:算数A、算数B(90分 x 2コマ)

・[xx]曜日:国語A、国語B(90分 x 2コマ)

・[xx]曜日:理科、社会(90分 x 2コマ)

 

(1)算数

授業中に全ての問題を解くわけではない。α1は「入試問題に挑戦」が主体となる。これをクラスメンバーの競争スタイルで解いているそうな。分量は、小4対比で1.5倍。

 

(2)国語

記述主体に指導している。これは、クラスに関わらず同じような印象です。分量は、小4対比で1.5倍。

 

(3)理科・社会

これもクラスに関わらず、やる内容は同じと思われる。分量は、小4対比で1.5倍。

 

(4)4科目の雑感

高度な処理力を持っていないと、全てをこなすことは厳しいと思います。また、分量が多いので、復習プロセスの管理についても、親のマネジメント力が必須だと思います。

 

1クールを経験して分かることは、「新小5サピックスのテキストは上位層向けに構成されている」ということです。やはり、基礎を丁寧に潰してくれる塾ではありませんね。ついてこれない生徒さんは、ついてこなくて結構です、という思想のもとに運営されている塾だと思います。

 

・・・とはいっても、全部消化できないことを前提に対応し、中堅を目指す、というやり方が良いのかどうかは不明。中堅を目指す場合、サピックスのカリキュラムは無駄が多いと思います。そもそも、プリント式のやり方はそぐわないとすら思います。

 

娘の志望校は、Plan A、Plan B、Plan Cで既に仮説として決定済みですが、ワーストケースへの対応計画も、頭の体操として準備しておこうと思います。尚、この反省録のタイトルは2016年6月に仮説として決めたものであり、当時の記事に書いてある通り、「女子校の最難関である桜蔭に合格できる実力をつける」という行動と、「志望校を決める」という意思決定は、全く別モノであることも、ここに記録しておきます。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki