新小5/社会:「土倉」について

2020年02月(新小5)

2020年2月22日(土)。

 

サピックス歴史年表の「8 室町時代①」をやっていた娘。

 

娘:「土倉、って実際になにをしていたのかな?」

 

=quote=

高利貸し業者が現れる・・・[土倉]や酒屋が利益をあげる。

=unquote=

 

娘と議論をしていると、「質」という概念を理解していなかったので、演劇をしました。

 

娘(武士):「あー、金がない金が無い。貸してくれませんか、土倉さん。」

 

僕(土倉):「いいですよ、おいくらですか?」

 

娘:「100両ほど欲しい(※江戸時代の単位だが、当時も使われていたようなので)」。

 

僕:「畏まりました。金利は年で10%ですが宜しいですか。」

 

娘:「かまわん。」

 

僕:「でも、本当に返してくれますか?」

 

娘:「返せるさ。」

 

僕:「心配なので、あなたの持っているもので、一番高いものを質に出してください。」

 

娘:「ううむ。。これでどうじゃ?」

 

僕:「刀ですね。これならば、100両の値打ちがありますから、結構です。では、100両をお貸しします。1年後にまた来てください。そのときにお支払い頂く金額は分かりますよね?」

 

娘:「うむ。10%の金利だから、110両じゃな。」

 

僕:「はい。では、また。」

 

(1年後)

 

娘:「借りた金を返しに来た。ほれ、110両じゃ。」

 

僕:「ありがとうございます。では、質として預からせて頂いた刀をお返ししますね。」

 

image

 

・・・このあと、

 

娘:「ああ、だから人質って、質という漢字をあてるんだね。」

 

と気付きがあったようです。そして、「質」となる物の経済的価値が大事であることを、議論しました。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

Posted by senki