新小5/英語:パス単4級は見開きで暗記(やはり公文公は天才)

2020年02月(新小5)


2020年2月28日(金)。

 

娘の記憶能力だと、見開き3枚(=6ページ分)だと、朝に時間がかかり過ぎることが判明。20分かければできるが、それだと効率が悪すぎる。

 

今朝から見開き1枚(=2ページ分)にしたところ、すんなりと進みました。3分もかからない。ということで、以下ペースで行きます。

 

①見開き1枚(=2ページ分)をパス単で暗記する。初めから暗記し、間違えたら元に戻る。どれだけ進んでいても、間違えたら元に戻る。これで最後の単語まで到達できたら終わり。

 

②テストをする。パス単の日本語部分を隠して印刷した1枚の紙に、書きこむ。

 

・・・つくづく、公文公(くもんとおる)氏が天才的だと思うのは、1枚のA5用紙に集中させる、というプロセスを開発したことだと思います。本とか冊子だと、気が散るのですよね。次のページがあると。

 

とはいっても、あるものを使うしかないから、「見開き1枚」というコンセプトは、とても良いと思います。次のページを開かないから、集中できる。暗記モノ全てに適用することにします。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki