新小5/リブログ:”小1/公文:国語DI164「話題にそって整理する」(算数の文章問題)”

2020年03月(新小5)


2020年3月7日(土)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

公文国語は国語だけではないんですよね。ほんと、唯一無比の存在であり、これに代替しうる国語教材は存在しないと思います。

 

=quote=

公文国語DI160-170は、「話題にそって整理する」というテーマで、「算数の文章題」です。

 

算数の文章題を、国語の切り口で整理していく、というアプローチ。公文の国語、地味ですが良くできているなあ。。

 

以下は導入文章の抜粋。

 

=quote=

日本では、江戸時代に入るころ(今から約四百年前)から、数学の研究がさかんになりました。

 

当時の数学者たちは、おたがいに、自分で考えた問題を出しあいました。解けた者が、自分の研究書に答えをのせ、また新たな問題を出したのです。問題はどんどんむずかしくなりましたが、それにともない数学の研究も進んだのです。

 

このようにして発展した日本の数学を「和算」といいます。やがて、和算を教える塾ができたり、全国を旅しながら和算を教える数学者が出てきたりしました。こうして、数学者だけでなく、多くの人が和算を学ぶようになりました。

 

「和算」で最も有名な人物は、関孝和です。・・・続く

=unquote=

 

良質な小ネタをたくさん提供してくれる公文国語を、娘は愛しています。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki