小5/リブログ:”小4/公文:数学J56でやった初めての試み”

2020年04月(小5)


2020年4月12日(日)。

 

小4戦記君、1年前の記事。

 

公文数学Jの前半は、きつい因数分解が続きます。このパートは、どうしても解けない場合は、解答書の答えを写すということも有効だと思います。とはいえ、本人がしっかりと考えた後に移さないと、学ぶものがありませんが。

 

=quote=

僕:「写してください。他のやり方があることに気が付くから。」

 

娘:「そういうものなのかな。。・・・あ、なるほど、こういうやり方もあるんだね!面白い!因数分解って本当に面白いね!」

 

満足そうな顔をうかべて登校。

 

・・・数学J1~60の因数分解が楽しいという状態なので、他の何をやっても楽しく思うはずです。プリントを終わらせて前に進むことが目的ではなく、もはや完全に趣味の領域なので、解答書の美しいやり方を見せて気付かせる、といったこともしたいと思います。

 

公文は進度に拘りたくなる算数F(=小6)まで終わらせると、あとは趣味の世界。小4で数学Jやっていると、時間の無駄ということも含めて、どーでもいいやっ、という心境になります。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki