小5/サピックス:算数と数学の違い

2020年04月(小5)


2020年4月15日(水)。

 

旅人算(1)の「思考力の養成」。

 

=quote=

図の長方形ABCDと正方形EFGHの面積は等しく、、、

=unquote=

 

娘:「これ、2次方程式で解けちゃうじゃん。

 

(x + 9)^2 = (x + 20)(x + 3)

 

計算して、

 

x = 21/5

 

だね。」

 

僕:「これ、算数的アプローチだとどうやってやるんだろうな。。見えない。。(解説を見て)うーむ、余計な記号つかっているだけで、本質は同じだね。」

 

娘:「そうだね。でも、重なった部分を考慮しないでおけば、2次方程式にならずに、1次方程式で済む。まあ、さっきのやり方でもx^2は消えちゃうから1次方程式みたいなものだけど。でも、算数のアプローチがスマートというかんじでもないんだね。」

 

僕:「うん。解説の方がエレガントではないな。」

 

・・・ということで、低学年の公文生は、数学H200までを目指すことを強くお勧めします。小5以後のサピックスでも、問題を複数の視点から考察することができるようになるようです。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki