小5/英語:英検4級(過去問6回目)

2020年04月(小5)


2020年4月21日(火)。

 

5月末に英検を受験できるのか、謎ではある。

 

とはいえ、英語学習の方向が間違えていないことを確認するために、ほぼ1か月ぶりに過去問を解きました。

 

結果は前回から少し悪くなりました。

 

====

(1)2020年1月26日(日):2018年度第2回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:16問正解/30問(→正答率53%)

③合計:28問正解/65問(→正答率43% < 合格水準60%)

 

(1′)2020年2月24日(月・祝):2018年度第2回

①筆記:21問正解/35問(→正答率60%)

②リスニング:17問正解/30問(→正答率56%)

③合計:38問正解/65問(→正答率58% < 合格水準60%)

 

(2)2020年3月3日(火):2018年度第1回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:23問正解/30問(→正答率76%)

③合計:35問正解/65問(→正答率53% < 合格水準60%)

 

(3)2020年3月14日(土):2017年度第3回

①筆記:18問正解/35問(→正答率51%)

②リスニング:22問正解/30問(→正答率73%)

③合計:40問正解/65問(→正答率61% > 合格水準60%)

 

【この間にパス単4級を仕上げた】

 

(4)2020年3月28日(土):2017年度第2回

①筆記:26問正解/35問(→正答率74%)

②リスニング:27問正解/30問(→正答率90%)

③合計:53問正解/65問(→正答率81% > 合格水準60%)

 

【この間にパス単3級を開始】

 

(5)2020年4月21日(火):2017年度第1回

①筆記:24問正解/35問(→正答率69%)

②リスニング:25問正解/30問(→正答率83%)

③合計:49問正解/65問(→正答率75% > 合格水準60%)

====

 

娘と一緒に間違えた筆記問題を確認したところ、

 

娘:「単語力不足だね。。tired, arms, shall, be careful, forgotが分からなくて失点してる。。パパがいつも言っている、「語学は語彙力で決する」という意味が良く分かった。。パス単5級の復習も開始することにするよ。」

 

僕:「それがいいだろうね。尚、パス単3級のこれまでは、間違えた問題とかをパパがピックアップしてきたけど、そろそろ、網羅的に復習する方法に切り替える時期が来たと思う。なので、パス単5級、パス単4級、パス単3級の覚えたところは、それぞれ見開き5枚/dayで復習しよう。できなかった単語については、気にしなくていいよ。ようやく、ペースが確立できてきたかんじだから。」

 

・・・小1のとき、公文国語では漢字が定着せずに、やむを得ずできなかった漢字をリスト化して教材作りましたが、英単語がようやくその状態を脱した、ということになります。

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki