小5/映画/030と031:『ホビット 竜に奪われた王国』と『ホビット 決戦のゆくえ』

娘の読書・映画


2020年4月27日(月)。

 

土日で2本を消化。

 

僕:「あまり物語性が無いけど、映像が面白かったよ。」

 

・・・と言ったあとに、メイキング特典映像を見て、

 

妻:「トールキンは古代ゲール語とか、古代からの竜伝説を理解した上で、ルネサンス期には廃れてしまった竜伝説を現代に復活させて、スマウグ(Smaug)を産み出したわけね。おまけに、カンバーバッチの父親が『指輪物語』シリーズを彼の幼少期に読み聞かせをして、その演技力が基礎になってるのも、イギリスのアッパー層の家庭内の教養レベルも分かるので興味深い。あなたは"物語性が無い"とか言ってるけど、まあ、作品を読み解くだけの教養が無いと理解できないということなんだね。」

 

僕:「残念ながら、指摘の通りだと思う。」

 

・・・ともかく、『指輪物語』と『ホビット』の合計6作を鑑賞完了。

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki