小5/博物館/118:山手線一周と武蔵野台地

娘の博物館等の訪問


2020年4月27日(月)。

 

昨日の話。14:00まで勉強したあとの話。

 

僕:「今日は晴れたから、山手線を一周しよう。」

 

娘:「え?そんなに簡単に一周できるの?」

 

僕:「僕もやったことが無いから分からない(笑)。まあ、所詮は都内だから、無理だったらどこかで帰ればいいさ。街を観察すれば、新型コロナでどこまで日本経済が打撃を受けているか、実地で確認することもできる。サイクリングは、誰とも接触しないから、誰の迷惑にもならないしね。」

 

・・・ということで、14:00に新橋駅まで移動して、反時計回りに開始しました。環状線である山手線は、日本初の鉄道である新橋横浜間の延長であり、山手線一周は新橋駅から開始するのが適当だからです。

 

僕:「以下ルールにしよう。

 

①安全第一とする。

②極力、山手線に近い道路を走る。

③山手線の外側を原則とする。

④例外的に外側が無い場合は、内側にする。

 

このルールで山手線を一周すれば、山手線一周を果たした、と言えると思う。」

 

・・・という事で、14:00に開始。ゴールは18:00。実走距離は41.8kmでした。

 

最も重要な1枚はこちら。北区上中里1丁目から北東方向を望む。

 

娘:「この高低差は凄い!真下に京浜東北線、そして目線の高さが東北・上越新幹線だ!山手線は京浜東北線と同じ高さだったのに、この高低差は何?」

 

僕:「今、僕らは武蔵野台地の北端に立っているんだよ。」

 

image

 

=quote=

国土地理院より

 

=unquote=

 

・・・この他にも、山手線一周サイクリングでは、急坂に驚くこと多数

 

娘:「東京って、ぜんぜん平らじゃない!なぜだ!」

 

という小学生らしい感動をしていました。

 

帰宅後、「山手線」と「武蔵野台地」に関する資料を娘に提示し、読んでもらいました。ポイントは以下の通りです。

 

・1872年に新橋横浜間の鉄道開通。

・その後、ヨーロッパ方式で、各地方から伸びてきた鉄道が市内中心部の近くにターミナルを作ってきた。

・それらターミナル駅を環状にして、山手線環状運転が開始したのが1925年。関東大震災が1923年なので、その2年後のこと。

・山手線の路線距離は約35km。一周は約60分。駅の高低差は約36m、つまりビルの12階相当分もある。

・武蔵野台地は荒川と多摩川に挟まれた台地。面積は700平方キロメートル。

・「飛鳥山」、「上野山」、「愛宕山」は、低地から見た武蔵野台地の台地先端部分。

・武蔵野台地には、低位面である立川段丘と、高位面である「武蔵野段丘」があるが、高位面では水の便が悪かった。これを改善したのが、玉川上水。

 

玉川上水サイクリングも不可欠のようですね。

 

■写真集

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki