小5/英語:英検のスケジュールを再策定

2020年05月(小5)


2020年5月5日(火・祝)。

 

新型コロナ問題で、5月31日(日)の英検が変更され、6月28日(日)になっていました。でも、サピックスの組分けテストの日なのだが。。

 

・・・今後の全体感を考える必要があるので、2月の皮算用をチェック。

 

=quote=

2020年2月17日(月)。

 

もう完全に皮算用。これを仮説と呼ぶには恥ずかしいレベルなのですが、書き散らしておきます。サピックス新小5は甘くないはずなので、返り討ちに遭う前に記録。

 

2020年

1月:英検5級合格

2月:17日現在、英語GII130

3月:英語GII200終了テスト合格

4月:

5月:英語HI200終了テスト合格、英検4級合格

6月:

7月:英語HII200終了テスト合格

8月:

9月:英語II200終了テスト合格

10月:

11月:英語II200終了テスト合格、英検3級合格

12月:

 

2021年

1月:英検3級合格(バックアップ)

 

うーん、厳しいな。

 

5枚/dayだと、このスケジュールになりませんね。2か月で400枚だから、6.7枚/dayの計算です。週末に2セットやれば、5枚/day x 5 + 10枚/day x 2 = 45枚/week = 6.4枚/day。ということで、公文教室から貰うプリントの数を増やすことにします。

 

・・・そして、小6の間にどう維持するかですが、これはもう、余りにも遠い世界なのではありますが、結局、公文英語JI以後を地味に継続するという方法以外に思いつきません。そんな余裕があるのだろうか。

 

でも、中学受験に全リソースを投入して、その結果、憧れの学校にギリギリに合格したとしても、あまり良い6年間は待っていないことはほぼ確実。英語に10分/dayを割く、ということすらできないような小6の生活は過ごしたくありません。

=unquote=

 

・・・うーむ、2月に描いた皮算用ですが、オントラックで進んでいます。恐ろしい。

 

既に英検4級合格はほぼ間違いないので、今日受けようが、5月31日に受けようが、6月28日に受けようが、合格するという結果には変わりはありません。

 

6月28日に英検3級を受けてもギリギリ合格する可能性もありますが、そんなに急いでいないし、気が付くまでに申込期間が終了してししまいました。

 

とはいっても、2020年11月に英検3級合格するという目標は甘すぎる。小5サピックスもいまだにぬるま湯だし、既に地理と歴史を完成してしまい、公民ももの凄い勢いで進んでいるし、小5の理科も終えてしまった。ということで、眼前のクラス分けなんぞに全力投入するのは愚策中の愚策。「2月の勝者」は真の勝利者ではないし。

 

以上を理由に、2020年11月に英検準2級合格(バックアップとして2021年1月に合格)、というのが「新型コロナと共生する令和時代の中学受験」として正しいという結論に至る。

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki