小5/リブログ:”小4/公文:国語J(=高1)1~5を終えての感想”

2020年05月(小5)


2020年5月19日(火)。

 

小4戦記君、1年前の記事。

 

公文国語J以後は「古典」かと思っていましたが、実際には「現代文での論説文」です。これを読めれば、中学受験国語で出てくる長文は、ほぼ問題無くなります。

 

=quote=

公文国語Jにはいり、1~5を終えました。「資料と論評」。題材は、『竹取物語』です。

 

・・・やはり、公文国語Jは古文ではありませんでした。この本質は、「古典を題材にした論説文」です。

 

娘は面白くてしかたがないらしく、毎朝興奮してやっています。音読することで、日本語本来の美しさを味わっているようです。

 

国語III(=中3後半)の力試しにも、松尾芭蕉の文章が出てきますが、それを音読した娘の感想は、

 

娘:「流石、松尾芭蕉だね。日本語が美しい。」

 

とのことでした。どんどん、音読しよう。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki