小5/理科:江戸川の水を蒸留して飲む

2020年05月(小5)


2020年5月25日(月)。

 

金町浄水場サイクリングの思い出の続き。

 

僕:「まあ、ということで、江戸川の水をそのまま飲むことは衛生上、宜しくない。」

 

娘:「濾せばいいんじゃないのかな?」

 

僕:「それでも、水分中に溶けている重金属などは除去できない。だから、蒸留という手法を使えばよい。」

 

娘:「あー、沸かして、水蒸気を冷やすやつね!」

 

僕:「そうだね。では、台所にある機材で設計してくれ。」

 

・・・試行錯誤の末、以下結論に辿り着きました。

 

image

 

設計通りに機能するか、実験してみました。

 

 

175mlの江戸川の水から、50ml程度を蒸留して飲んでみました。

 

僕:「鉄瓶の鉄の味がするけど、あとは極めて普通だな。」

 

娘:「うん。変な感じはしない。」

 

僕:「何が今回の実験からの学び?」

 

娘:「まず、冷やすのが難しいということだね。保冷剤を使ったけど、蒸気の熱の方が強かったから、蒸気が外に漏れてしまった。あと、これをやるには、燃料がいるということだね。今度、海水とか塩水で実験してみても面白いかもしれないね。」

 

僕:「中東地域は石油が豊富だから、発電の熱を使って海水を蒸留し、真水をつくるプラントがあったりするよ。」

 

娘:「ずいぶんと高そうな水だね!」

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki