小5/リブログ:”小4/公文:英語C②(=小3後半)がそろそろ終わる”

2020年06月(小5)


2020年6月18日(木)。

 

小4戦記君、1年前の記事。

 

「あまりにレベルが低くて笑われてしまう話」ですが、1年前の状態が分かるので、読み直していて面白いです。1年後、小6の6月には、英語力はどこまで高まっているのだろうか。

 

=quote=

世の中の教育熱心な英語学習家庭からみたら、あまりにレベルが低くて笑われてしまう話なのだが、あとで振り返ることができるように記録しておきます。

 

娘が英語を開始したのは、新小4の2019年2月から。今年2月の時点では、アルファベットすら書けず、ローマ字も書けず、スペルと発音の関係が全く分かっていなかった娘。

 

英語AからCまでは冊子形式。地味に毎朝積み重ねているのですが、6月でもう5か月目。

 

英語C②195はまだやっていませんが、ここに書いてある、

 

What juice do you want?

 

を普通に読んでいました(感動www)。単語はみたことがあるかもしれないが、文章としては初見。

 

本当のゼロ発進からここまできたので、英語D以後も楽しみです。プリントになるそうな。

 

娘:「公文教室で英語冊子でやっていると、幼稚園生と同じテキストだから恥ずかしいんだよね。。プリントだと、どこやっているか、覗きこまれない限り分からないからいいけど。」

 

僕:「しょーがないじゃないか。小3のときとか、英語やるか?、って聞いたら、明確に嫌だと言っていたし。やりたいと言ってもやらせなかっただろうけど。国語ができていないのに英語やる意味は薄いと思うからね。ふりかえってみると、小3くらいからやるのがよかったのだろうけどね。まあ、いいんじゃない?」

 

娘:「ぶー。」

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki