SenkiChat:新小4になって後悔する人たち予備軍

2020年07月(小5)


2020年7月30日(木)。

 

SenkiChatでのクライアントさんとのチャットを、一部加筆修正。

 

クライアントさんの転載許可を得ております。

 

=quote=

クライアントさん:「戦記さんからのアドバイス通り、食事は2時間前に済ませました。算数は相変わらずダメですが、前回の組分けの壊滅的結果よりは基本問題がとれてました。やはり、食事のタイミングは大事ですね。なかなか点数安定しませんね。。」

 

戦記:「レポートありがとうございます。算数で大問3までミスが少ないので良いですね!国語は記述でフルに落としているので、差異分析をしっかりお願いします^ ^。」

 

クライアントさん:「ありがとうございます。公文がある程度進んでいてもサピではこの結果。公文だけで安心せずにサピに通って本当によかったです。算数は基本問題を全て正解して、国語は記号ミスなくして記述がきちんととれれば、それなりになりそうですがまだまだ先は長いですね。試験のお作法からとは、やんちゃ男子は大変です。。」

 

戦記:「公文エリートで慢心していて、小3終わりでサピックス受けて残酷な結果になる人なんて、数年前はたくさんいましたよ。なので、ブログで啓蒙しています。やり方が間違えていて、いきなりコケるお子さんが可哀想ですから。国語は、記述の本質が大事なので、一言で本質を言う訓練を継続して下さい。」

 

クライアントさん:「数年前どころか、現状も同じかもしれませんよ。実際にサピに通って実感したのですが、なかなか低学年でサピに通わせるご家庭は少ないです。1年生から募集停止校でない限り、皆さん新4年入塾が王道とお考えのようで、ひょんなことから我が家がサピックスに通ってる事がわかるとドン引きされましたよ。」

 

戦記:「いまだに、古き良き時代のアタマなんですね。。」

 

クライアントさん:「私の周りにいるかなり教育熱心なママさんたちも公文辞めたりしてますし、サピは新4年から、と。おそらくネットに低学年で入塾すると息切れするとか、新4年の子に追い抜かされるなどの情報が多くあるからと思われます。うちは戦記さんのアドバイスを受け、溺れてもいいから飛び込んでみようと思って溺れそうになりながらも頑張ってますwww。」

 

戦記:「小3までは、サピックスはあんまり気合いいれようがない内容なんですけどね。。あと、ネットにある匿名情報は、ほぼ全てが、ライバルに沈んで貰いたいための罠情報だと思いますよ。僕も、娘が低学年のころ沢山メッセージ来ましたよ。ご丁寧に、「そのやり方だと失速するよ」、とwww。これ、記事にしますか?^ ^」

 

クライアントさん:「もちろん!いいですよ!サピの低学年はプリントはさほど難しくないのに、組分けで思考問題、復習テストは問題数を多くして少しひねった問題だしたりするところがすごいです。おそらくそうしないと差がつかないからだと思いますが。あと、我が家の周りでも、我が家がサピに通っていることを知ってしまった方は、みんな低学年から入塾なんて意味ないとかそのうち失速するとか思ってると思います。あと、どんだけ教育ママだよ、と思われてますねwww。

 

戦記:「時代は変わっているのに、、、恐ろしいですね。そして、低学年時代の時間投資をせずに、新小4になって後悔する人たち予備軍になるのでしょうね。気の毒なのはお子さんで、小4以降に睡眠不足に追いやられないと良いのですが。。低学年時代は必ずしも通塾は不要ですが、せめてサピックスの組分けは受けて家庭学習の方向性が正しいか確認しておかないと、悲惨なことになりますね。」

 

クライアントさん:「おそらく戦記さんが記事にしても、理解できる方とそうでない方がいるんですよね。私も通塾は必須ではないと思いますがサピックスの組分けは受けた方が良いと思います。ただ、皆さんは全統小テストで満足するんだと思います。無料なので。」

 

戦記:「無料テストの意味を知らないのでしょうね。いまどき、無料ほど怖いものはありません。ネットに情報はいくらでもありますが、有料スクリーニングをしないと質を担保できません。"note.com"が成長しているのは、有料の世界の方が価値があるからだと思います。まあ、首都圏中学受験市場はニッチですから、計画的にやる一部の層の方が、多数派からすると不思議ちゃんに見えるはずです。」

 

クライアントさん:「そうか、私は不思議ちゃんにみえてたのかwww。確かにニッチですもんね。」

 

戦記:「そして、低学年時代の過ごし方を間違えていることに気が付かずに、小4を迎えて、取り返しのつかない失敗をしたことを思い知ることになります。では、クライアントさんみたいに肩身の狭い想いをされてる方に対して励ますメッセージにするとともに、来年の頭くありに新小4で痛い目に遭った御家庭が、あとでこの記事を見つけて、読んで、反省するような記事にしておきますね!.同じ不幸が繰り返されるのは、世の中の損失ですので。」

 

 

image

 

■追記(2020年8月1日):
当日のアメブロ「教育・お受験」ジャンルの記事ランキングで2位の記事になりました。

 

image

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単準2級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki