小5/リブログ:”小2/算数:世の中にある低学年算数問題集体系”

2020年08月(小5)


2020年8月8日(土)。

 

小2戦記君、3年前の記事。

 

低学年算数は、マネジメントするのが難しい分野だと思います。世の中に教材はたくさんありますが、その設計思想を理解した上で、お子さんにやってもらうという時間投資を行わないと、膨大な無駄が発生する恐ろしい世界です。成績不振の原因は、勉強量の問題と言うよりは、方法論に起因する比重が大きいと感じています。

 

=quote=

・・・そこで思うんですが、

 

公文=計算に特化。

低学年サピックス=思考力系に特化。

 

しているのではないかと。。

 

つまり、この間を埋めるものとして、他の教材があり、積み上げるかんじになっている印象です。

 

====

【応用】

(6)キッズBEE=思考力系に特化(難易度高)

(5)きらめき算数脳=思考力系に特化(難易度中)。

(4)低学年サピックス=思考力系に特化(難易度低)。

(3)トップクラス問題集=直球算数(難易度高)。

(2)算数検定=直球算数(難易度低)

(1)公文=計算に特化。

【基礎】

====

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語II/上位45%【2020年8月5日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単準2級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki