「僕」の読書

2019年11月14日(木)。   中学受験関連の出版物は、僕の目からみて非合理的なものばかりなのが実態です。西村則康氏とか、凄いことを書いているし。プレジデントの編集者が、西村氏の暴走を止めなかった判断ミスが最大の謎だが。大丈夫 ...

「僕」の読書

娘のマネジメントを開始したのは、2016年3月ですが、僕にとって好ましい変化だったことの一つが、児童書の再読。 娘が読む本の選択をするために僕も読むことになりますが、そうでもしないと、中年のオッサンになって児童書は手に取らない。 ...

「僕」の読書

本屋で平積みされていました。本屋で5分間程度でざっと立ち読みしただけなので、批評するのは失礼かもしれませんが。(1)著書名『子どもの語彙力を伸ばすのは、親の務めです。 』(齋藤孝)(2)内容語彙力を伸ばす方法を、各論ベースで多数列挙する内容 ...

「僕」の読書

公文国語EI(=小5前半)で推薦図書の紹介に出てきたので、僕でも読んでみました。 (1)書籍名『くちぶえ番長』(重松清) (2)所感もともと、2005年から2006年にかけて雑誌『小学四年生』に連載されたものがベースにな ...

「僕」の読書

最近、中学受験関係の本から遠ざかっていましたが、隙間時間を見つけて本屋で立ち読み。 (1)書籍名『伝説の算数教室の授業』(宮本哲也) (2)僕のメモ。・集中力の高さと、考える深さが重要。 ・日々の単調な計算練習 ...

「僕」の読書

アマゾンの同書のカスタマーレビューに投稿してみました。 『なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?』(おおたとしまさ)→公文式は単なる「道具」であり、どう「使うか」が重要だ 投稿者 『桜蔭戦記』 本ブログは外部 ...

「僕」の読書

僕は乱読なので、いろいろと読んでいますが、中学受験の観点で気づきがある本のみ、本反省録に記録。 (1)書籍名『峠』(司馬遼太郎)上中下、で3巻 (2)内容幕末の戊辰戦争で最大の激戦地となった北越戦争における、敗軍となった ...

「僕」の読書

本屋で立ち読みしました。 (1)書籍名『算数のケアレスミスが驚くほどなくなる本』(福嶋淳史) (2)所感栄光ゼミナールの方による著作です。 「ミスをなくすには?」という観点で執筆されている本です。尚、僕は「ケア ...

「僕」の読書

角川文庫の『走れメロス』を読んでみました。 短編集ですので、「富嶽百景」から読み始めましたが、次の「懶惰の歌留多」でもうギブアップ。 「走れメロス」だけ読みましたが、これも全く感情移入できませんでした。メロス、こんなにジ ...

「僕」の読書

「カインの末裔」の文学的評価が高いので、読んでましたが、僕の心には響かず。(中高生の頃に読んだような記憶もあるが、全く思い出せず。) 他方、結核で病死した妻の死因を確認すべく解剖する医師の話である「実験室」は、展開としてはインパク ...