小5/サピックス:小5夏期講習の総括

2020年08月(小5)


2020年8月29日(土)。

 

小5の夏のマンスリーテストも終了しました。その結果が出てから夏期講習の総括をすると、結果が良ければ楽観的になり、結果が悪いと悲観的な気分になり客観性が落ちますので、結果速報の前に総括として記録に残しておきます。

 

娘に自律走行させて訓練する夏になりました。文字通り、サピックスのコピー取りや、ファイリングも含めて全てを娘にやらせました。まあこれが本来の姿なので、当り前のことではあるのですが。

 

僕:「どうだった?小5サピックスの夏期講習の負荷は?」

 

娘:「フカ?フカってなに?」

 

僕:「・・・。辞書で調べてくれ。。」

 

という会話がありましたが、

 

娘:「楽しかったよ。負荷は低かった。公文数学で中学まで終えているから、楽勝だった。」

 

とのことですが、親の僕から見ていても負荷が低い内容でした。まだまだ、サピックスは本格化しませんね。恐らく、9月から歴史が始まると多少負荷が上がるのかもしれませんが、娘は既に歴史を完成させているので、一般的な小5サピックス生と比べると、更に暇になるのではなかろうか。暇でやることがないから有名中の理社を解きまくる、という残り4カ月間になりそうです。

 

さて、科目別にレビューしてみようと思います。今朝、僕は初めて夏期講習のテキストを開き、俯瞰的に内容を見てみました。大手塾の限界と問題を感じますよね。α上位層には楽すぎるが、下のクラスで苦しんでいるお子さんには絶対に消化できない分量。サピックスは、上位10~20%の層をターゲットにした問題を作っているように思います。

 

 

 

 

(1)算数

 

・約数倍数。計算視力で鍛えてあるので簡単です。2桁掛け算を暗記しているので、瞬殺。

 

・規則性。日暦算で間違えていましたが、授業中に解決したそうな。この冊子は復習することにします

 

・立体図形。課題無し。

 

・2量の関係。サピックスはきついよなあ。1次関数を、本当に「y = x x 4」という形式で書かせるレベルで普通に1次関数を使っています。教える時間がゼロで、公文数学G(=中1)でやっていることと変わりません。もはや、令和時代の中学受験で、サピックスをメイン塾に使いたいならば、数学H200まで終わらせてきてよね、というメッセージですね。

 

・比と割合。余裕で処理。ここれでも2桁掛け算が活きてきます。あと、中学数学で学んだ文字式の操作といった基礎的な訓練も、正確な処理に貢献しています。

 

・比と図形。ほぼ全問正解だったようです。娘はレゴオタクだからか、やたらと図形に強いです。

 

・平均算。面積図とてんびん図で問題無く処理。つまり、連立方程式的な概念を用いることなく、中学受験算数の射程で解いています。

 

・比と割合。面積図を駆使。

 

・円と多角形。πを使った文字式と、3.14 x 1~20で問題無く処理。

 

・線対称と点対称。作業間違いもしていますが、概念は理解している様子。

 

・点の移動。きっちりと作業して解けています。尚、国語読解力が弱いサピックス生だと、文意を読み取れなかったり、どのように点が移動するかイメージできないかもですね。

 

・立体図形。水を入れる系の問題。尚、y軸とx軸があるグラフについても、中学数学で獲得した概念が活きています。

 

・比と割合。今、まさに宿題しています。

 

 

(2)国語

 

全10回分、娘はきっちりと感情をこめて音読をしました。サピックスの国語の先生が、あれだけ「音読してください!」と言っているのに、この基礎をしないで国語の成績が伸びないお子さんが多そうですね。

 

 

(3)理科

・星。配布されたプリントの全天星座図を暗記してもらいました。

 

・花のつくりと受粉。p.5の「参考資料 花の分類」は要暗記ですね。

 

・流水のはたらき。娘はサイクリングでいろいろな川を見ていますので、問題無し。

 

・地層と化石。化石採取などを経験しているので、問題なく解いていました。

 

・岩石と火山。火成岩については要暗記ですね。

 

・音の性質。特に課題無し。

 

 

(4)社会

 

・日本の交通と通信。

 

・日本の国土。資源系は暗記ですね。既に、「日本のすがた 2020」のデータを僕にて加工して、モノグサでコンテンツ化しています。たんたんと暗記しましょう。

 

・日本の貿易。これも要暗記ですね。しかし、サピックスも出所が「日本のすがた」なのですね。

 

・日本の第一次産業。統計と農産物ランキングですね。娘は戦記塾で鍛えてあるので、今は余裕。でも、戦記塾やらなかったら厳しかったでしょうね。実際の入試問題にも出るし、暗記した方が早いですね。こんなの小4で完成可能な暗記です。

 

・日本の工業。p.9の暗記は圧巻ですね!ただ、「札幌市(乳製品、ビール)」という暗記は面白くなく、「札幌市(乳製品/雪印、ビール/サッポロビール」として整理して、モノグサで暗記しようと思います。民間企業名まで暗記しないと面白くありませんし、娘は中1くらいから本格的な資産運用の教育を僕から受けることになりますが、日本国内の上場企業の投資を考えた場合の基礎になります。「広島市(自動車)」では、駄目なんですよ。これぞ、中学受験終了後を見据えた地理になると考えます。

 

・環境問題。時事ニュースと密接な関係がありますね。小5のサピックス生は「サピックス重大ニュース」を暗記することをお勧めします。サピックスも言えばいいのにと思います。「暇ならば、「サピックス重大ニュース」を暗記しておいて」、と。組分けテストとかにも時事ニュースを出すので、出所を隠しておきたいのだろうか。

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語II/上位45%【2020年8月5日から】
③算数:塾カリキュラムでオントラック
④語彙:パス単準2級+言葉ナビ上巻
⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki