新小6/コピー機:2021年はブラザー「MFC-J6583CDW」で戦う

2021年01月(新小6)

2021年1月23日(土)。

 

娘は小1(=2016年4月)からサピックスライフを満喫しているので、もう丸5年になります。サピックスライフとはコピーとの戦いなのですが、以下がコピーの歴史です。

 

 

■我が家のブラザー君の歴史:

 

2017年01月15日:小1/サピックス:新2年生の1月組分けテスト/⑪A3コピー機の調査

2017年07月09日:小2/コピー機:ようやくコピー機を選定して注文

2017年07月11日:小2/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」を利用しての感想

2017年11月01日:小2/サピックス:コピーの方法を改良(アホな話)

2017年11月12日:小2/サピックス:ブラザーコピー機「MFC-J6580CDW」の裏技

2019年07月09日:小4/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」の後継機種

2019年08月11日:小4/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」が故障した

2019年09月21日:小4/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」が故障から復活

2020年04月12日:小5/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」の現状

2020年04月12日:小5/コピー機:ブラザー「MFC-J6580CDW」が突然故障→買換え決定

2020年04月12日:小5/コピー機:2代目ブラザー君となる「MFC-J6583CDW」を購入

2020年04月14日:小5/コピー機:2代目ブラザー君「MFC-J6583CDW」が到着

2021年01月23日:新小6/コピー機:2021年はブラザー「MFC-J6583CDW」で戦う

 

 

・・・小6受験生として1年間を戦う相棒としてコピー機は必須の存在ですが、この歴史をみてみると、ブラザーの一択ですね。しかも、1段トレイのブラザー「MFC-J6583CDW」の一択です。2段トレイがある「MFC-J6997CDW」も悪くはありませんが、①B4とA3の入れ替えはあまりやらない、②値段が上がる、③サイズが大きい、④高い(約7万円)ことを考えると、1段トレイで約3万円の「MFC-J6583CDW」で十分です。

 

ブラザーの複合機は3万円ちょっとで購入可能な複合機として既にコスト的にも完成されているので、これ以上進化も価格下落もしないものと思われます。我が家の複合機は2020年4月に購入しましたが、この機種で小6受験生を乗り切ることになると思います。印刷かすれなどが不調が発生したら、即買い替えます。コピー機の文字のかすれとかで勉強効率が落ちるとか、時間の無駄ですからね。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JI/上位10%【2020年12月8日から】
③算数:塾カリキュラムでオントラック
④語彙:パス単準2級+言葉ナビ下巻
⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki