新小6/サピックス:理科「植物のはたらき① 発芽と呼吸」(630-02)

2021年02月(新小6)

2021年2月16日(火)。

 

小6サピックス理科は、テキストの中身が濃いですね。そして、授業中に一切テキストを線を引いていません。授業では板書での解説が中心で、あとは自宅で読んできなさいということのようです。

 

理科でも「理科 知識力総合 確認テスト」が開始。このテスト結果を見ていると、弱点が分かりますね。

 

それにしても、かなりの分量です。内容を見る限り、これまでに学んできたことをしっかり暗記できていないと、太刀打ちができないです。つまり、小5の終わりまでには理科は完成させておかないと、サピックスでの授業時間とか宿題時間を「演習の時間」として有効活用できないように思います。

 

やはり、算数の資質を持つお子さんは別としても、娘のようなフツーのタイプは「小5の終わりまでに理社を完成させておく(=有名中の理社で合格最低点に少し届かないくらいの実力)」ことが大事なように思います。そこまで持ち上げておかないと、サピックスの授業時間を活かすのは難しいかも。小5までは、サピックスはα上位には緩い内容でしたが、小6からはα上位にも筋トレ負荷がかかる内容になっています。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JI/上位10%【2020年12月8日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki