ヨンデミー:次の「おすすめ本」(2021年3月15日(月))

2021年03月(新小6)

2021年3月15日(月)。

 

ヨンデミーから推薦された本を4冊読み終えたので、感想を提出しました。

 

次に紹介された本は、以下の4冊となりました。ヨンデミーのLINEで相談させて頂いていますが(=月額2,980円で現役東大生を国語の家庭教師としてフル活用中)、難易度が低い読書を混ぜることで読書力を効率的に向上できるとのアドバイスを貰いました。娘で実験してみましたが、「楽に読める本」と「考える本」を混ぜるのは有効なようです。難しい本ばかりだと疲れるし、本に手が伸びなくなるので読書ペースが上がりません。

 

これまでは「娘が新小3だったら」と仮定してヨンデミーを実験的に利用していましたが、LINE相談と共に、リアルタイムの新小6サピックス生として真面目に取り組んでもらおうと思います。

 

 

①『ふしぎの時間割』(岡田淳/偕成社)

②『おれからもうひとりのぼくへ』(相川郁恵/岩崎書店)

③『紳士とオバケ氏』(たかどのほうこ/フレーベル館)

④『お母さん取扱説明書』(キムソンジン/金の星社)

 

 

 

 

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JI/上位6%【2020年12月8日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki