小6/記事レビュー:Yahoo『金の角持つ子どもたち』藤岡陽子 刊行記念エッセイ「中学受験への秘めたる思い」

2021年06月(小6)


2021年6月10日(木)。

 

・2021年6月10日:Yahoo『金の角持つ子どもたち』藤岡陽子 刊行記念エッセイ「中学受験への秘めたる思い」

 

金の角持つ子どもたち』(集英社/660円)が5月20日に出版されていたようですね。読んでみようかと思います。日本で最難関とされる中学をゼロ発進小6から目指すのだそうです。

 

=quote=

『金の角持つ子どもたち』に登場する主人公の戸田俊介(とだしゅんすけ)は、ある消極的な理由から中学受験を目指す。彼の両親はお受験など経験したことがなく、最初は戸惑い、父親は「おれが卒業した高校、地元で一番偏差値の低い学校だったんだ。(中略)要するに戸田家は頭が悪い」なんて暴言まで吐いてしまう。でも俊介の意志は固く、やがて戸田家は一丸となって、その未知なる世界に挑んでいく。

 

私はこの物語で「塾活」に懸ける子どもたちの一途な心と、彼らを支える大人の本気を描きたかった。子どもが目標に向かって努力する姿は、それがなんであっても(スポーツや芸術、囲碁や将棋、ほんとになんでも)大人にとっては眩しいものだ。

 

中学受験という息苦しそうな世界にも、胸が熱くなるほど眩(まばゆ)い瞬間はいくつもある。その煌(きら)めく幾多のシーンを、物語を通して体感していただけたらと思っている。

=unquote=

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JII/上位6%【2021年4月9日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki