中学受験と資産運用:日経「日本株「一人負け」 海外勢離れ、著名ファンド停止が象徴」

「僕」の資産運用

2021年7月7日(水)。

 

・2021年7月7日:日経「日本株「一人負け」 海外勢離れ、著名ファンド停止が象徴」

 

=quote=

世界の株式のなかで日本株の存在感が一段と低下している。2021年4~6月の日経平均株価は1%の下落と、20カ国・地域(G20)ではトルコに次ぐ2番目の悪さだった。先進国では「一人負け」の様相だ。ワクチン接種の遅れで景況感の改善が鈍かっただけでなく、著名なヘッジファンドが日本株運用の停止に追い込まれるなど、海外マネーの長期の日本株離れが目立っている。

=unquote=

 

僕は2006年から日本株を一度も手放したことがなかったのですが、100%をS&P500に寄せるという判断をしたのが、2020年12月4日。まあ、良く考えたら分かることなのですが、、、考えたシナリオ通りにならないのが資産運用の面白いところですが、結果的には良かったようです。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JII/上位6%【2021年4月9日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki