RISU算数:「アドバンスモード(=中学受験基礎)」の分析(応用ステージ9:和差算&分配算(後半))

2021年07月(小6)

2021年7月25日(日)。

 

RISU算数は、

 

①キッズモード

②小1~小3コース

③小4~小6コース

④アドバンスモード(=中学受験基礎)

⑤数学基礎

 

がありますが、戦記君が「④アドバンスモード(=中学受験基礎)」を実際に解く連載記事です。画像掲載許可はRISU算数から頂いています。

 

今回は、応用ステージ9:和差算&分配算(後半)を解いてみました。

 

大手塾は線分図の使い方と意味について、丁寧に教えてくれる場所ではないと思います。「そういった基礎的なことは家庭学習でやってください」と言うのが基本スタンスとなります。とはいっても、線分図一つにしても、中学受験を経験していて教えられる御家庭ならば良いのですが、そうではない場合には教えるのが難しかったりします。なにせ、「解答書」や「解説」には書いてませんからね。。

 

今日解いていて思ったのは、RISU算数の場合はどんな家庭がやってもきちんと理解できるスキームになっているということの意味。教え方に依存しない、というのは簡単なようで難しいと思いました。この方針だから、RISU算数は図と文字が多めになる傾向があるようです。

 

 

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JII/上位6%【2021年4月9日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki