小6/記事レビュー:Yahoo「「評判がいい」の落とし穴…中学受験の「塾選び」“外せない3つのポイント”」

2021年11月(小6)


2021年11月23日(火・祝)。

 

・2021年11月22:Yahoo「「評判がいい」の落とし穴…中学受験の「塾選び」“外せない3つのポイント”」

 

=quote=

大手塾は「塾の管理度合い」をチェック

 

専門の大手塾に入れたら、何から何まで面倒を見てくれる……ともし今思っていたら、それは大きな誤解です。

ここでは、代表的な大手塾を、「塾の管理度合い」のざっくりとした指標とともに紹介します(長谷川調べ)。度合いの数値が低いほど、親が面倒を見る必要度が上がる、と考えてください。ここに名前が挙がっていない塾も、この4つのうち「管理の度合い」が、どれに近いかを考えれば、およそ外れないと思います。

 

代表的な大手塾4つの指標

 

・サピックス(塾の管理度合い…1)
教材、カリキュラムは業界の最高峰。好奇心、競争心が強い子向き。「計算力」がしっかり準備できていれば(小3で公文Fレベル相当)ならいける。通塾日数が少なく、塾の管理度合いは低く、先生が叱ってくれないタイプの塾。休憩がなく、「お友達と楽しんで勉強する」雰囲気はない。宿題を自分で済ます習慣がついていない子、自立心の低い傾向の子は家庭できっちり見なくてはいけない。

 

・四谷大塚・早稲田アカデミー(塾の管理度合い…3)
四谷大塚はこの業界の老舗であり、スタンダード。教科書の「予習シリーズ」がきっちりしていてフルカラーであり、自分で勉強が進めやすい。「予習シリーズ」は中堅塾、個人塾でもよく使われる。最大のメリットは、ペースメイキングをしやすいこと。「週3回行って、土曜日にテスト受けて復習」と習慣化できれば、親の負担は少なくなる。特徴は早稲田アカデミーもほぼ同じ。

 

・日能研(塾の管理度合い…3)
少しずつ難度が上がっていくように、段階が丁寧に作られたカリキュラム。小学6年で、レベルを少し下げたところからもう一度始まるので、小6で仕切り直したい子に向く。通塾日数が多い。普段から記述指導があり、記述式の多い入試対策に向く。室長の個性がある程度出やすい。

 

・希学園・浜学園(塾の管理度合い…5)
入塾が最も厳しく、資質の高い子をきっちり面倒見る、という方針。基本的には何から何まで面倒を見て、宿題もチェック。能力があっても家で文句ばかり言ってサボッてしまうタイプは、「怖い先生」のところでやれる。また落ちこぼれても絶対に拾ってくれる。親が最もラク。通塾日数は多め。習い事との両立はほぼ無理(ただし、近年の浜学園は「管理度合い3」くらいになりつつあります)。
=unquote=

 

予約殺到の東大卒スーパー家庭教師が教える 中学受験 自走モードにするために親ができること』の著者による記事です。

 

塾の管理度という観点では異論はありません。

 

しかし、視点がいろいろ、ごっそりと抜けていますね。「時間軸」の視点が抜けているのは特に痛い。

 

「中学受験の学習は家庭学習が主戦場であり、塾はアウトソース先に過ぎない。親の関与は低学年が最大値で、小6には最小限になる(=親はどんどん暇になる)。」という観点では語られていないようです。「度合いの数値が低いほど、親が面倒を見る必要度が上がる」という記述がまさにそれ。特に低学年においては、「親が面倒をみる」のが基本だと思います。その発想でいる限り、中学受験というジャンルでは、いわゆる難関校を目指すのは厳しいでしょう。

 

尚、以下視点も盛り込むべきですね。

 

①大手塾は、そもそも、集まる母集団が異なる。概ね母集団の質としては、サピックス→早稲アカ→四谷大塚→日能研になる(浜と希は関東ではまだメジャーではない)。母集団の質が異なるからこそ、「管理度」が変わっていく。高偏差値の中高一貫校ほど「自由」で、そうではないところほど「自由でなくなっていく」のと同じ。

 

②「管理度の高さ」は、結局のところ、当該母集団の学力を伸ばすのに必要な方法に過ぎない。サピックスの上位層を管理したくても、まあ、まず無理ですね。なぜならば自分で考えて行動することが習慣化されているから、他人に管理されるのを好みません。しかし他人に監視された方が学習が進むタイプのお子さんもいるので、そういうタイプは監視された方が良い。

 

③大事なのは、「志望校をどこにするのか」の意思決定。御三家だとサピックスの一択となるし、御三家以外だったらサピックスは過剰品質(=教材と志望校のレベルがフィットしていない)。目指したい学校を先に仮説として決めることで、塾を選択すべき。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語KII/上位5%【2021年11月19日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki