中学受験と資産運用:ワインへの時間投資を楽しむ

「僕」の資産運用


2021年11月25日(木)。

 

ワイン投資は面白い趣味なのですが、娘の中学受験もそろそろ終わり。僕の老後がスタートしますので、消費しないといけません。

 

娘:「私の成長をお祝いするために2009年をたくさんコレクションしてくれたのはありがたいけど、私もワインの香りかいでいるとさ、熟成のピークってやつがあるじゃん。私が結婚する頃にはワインは変な味になっちゃってるんじゃない?(笑)」

 

一時期は300本のコレクションにまで膨らみましたが、努力した結果、94本にまで減っています。今回、飲む決意をした12本をエノテカのレンタルセラーから引き出すことにより、82本にまでコレクションが減ります。

 

この12本は、二度と入手不可能なセレクションですね。僕がMBA留学中にインターンにて学ばせて頂いた、Freeman Vineyard & Wineryの2009年ミレジム。懇意にしているオーナーソムリエにもテイスティングしてもらい、あわせた料理を作ってもらおうと思います。

 

 

 

 

・・・尚、誕生日の生まれ年ワインをお子さんにプレゼントする場合、お勧めはドンペリです。生まれ年のヴィンテージが造られれば、ですが。理由としては、①保管がワインほどシビアではない(コルクの劣化をさほど気にしなくてよい)、②長期熟成に耐える、③誰もが知っているブランドなので価値が落ちない。

 

正直、2009年ドンペリへの投資は検討中。

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語KII/上位5%【2021年11月19日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki