新中1/記事レビュー:Yahoo「まだ本調子ではない「千葉・中学受験」の最新状況【2022年入試版】」

2022年01月(新中1)


2022年1月18日(火)。

 

・2022年1月18日:Yahoo「まだ本調子ではない「千葉・中学受験」の最新状況【2022年入試版】」

 

=quote=

渋幕(一次)は、県内トップ校の入試だけに毎年話題に事欠かない。20年は19年より13人増の2142人が志願したものの、第一志望の受験生が多いと判断したことからか、合格者数は121人減の630人と激減した結果、実倍率は19年の2.68倍から3.27倍となり、“渋幕ショック”と騒がれた。

 

前年の反動もあったのか、21年の志願者数は1758人(男子1158人、女子503人)と2割弱減らし、再び“渋幕ショック”となった。コロナ禍とはいえ極端な動きで、20年比で男子283人、女子114人も減らしている。その結果、実倍率は2.44倍とだいぶ緩和した。

 

22年は1921人(男子70人増・女子93人増)と21年に比べて1割弱増やしたが、2000人超えはならなかった。やはり、江戸川を越える“東京県民”はまだ抑制気味という結果なのだろう。

=unquote=

 

渋幕の出願状況です。競争が厳しくなればなるほど、娘にとって良い経験となります。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語KII/上位5%【2021年11月19日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


Posted by senki