新中1/記事レビュー:Yahoo「【教育費】15歳と11歳、1人800万円が目標だけど足りるか不安…40代のリアル家計とプロのアドバイス」

2022年02月(新中1)


2022年2月25日(金)。

 

・2022年2月23日:Yahoo「【教育費】15歳と11歳、1人800万円が目標だけど足りるか不安…40代のリアル家計とプロのアドバイス」

 

=quote=

まわりが結構中学受験してるんですが、うちの子も受けさせて大丈夫かな?

E・Kさん(京都府 42歳)
長女11歳/二女9歳
世帯年収(手取り) 480万円
世帯月収(手取り) 32万円
毎月の教育費 4万3000円
月貯蓄額 6万円
総貯蓄額 600万円

 

中学受験する子がクラスの半数以上。うちの子も影響されたのか、「受験したい」と言いだしました。今、貯蓄が月6万円あるので塾代は出せそうですが、受かったら学費がやや心配。年収がどのくらいある家庭なら、私立中学に行っても大丈夫とか、判断基準はある?

 

私立中学への進学は、年貯蓄100万円あっても厳しいのが現実。落ち着いて考えるべし

私立中学の学費は年間100万円前後。つまり、年100万円の貯蓄ができていても入学後は赤字になる可能性があるということです。さらに年収が1500万円以上ある裕福な家庭も多く、服や持ち物、遊ぶ場所に格差も出ます。そうした部分も考えて判断を。

=unquote=

 

事実、100万円/year以上を投資する必要があります。これに加えて、塾ですね。

 

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

①公文:英語KII、数学K、国語J

②英単語:パス単2級を初回暗記中

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


Posted by senki