新中1/読書:『同志少女よ、敵を撃て』(僕のレビュー)

娘の読書・映画


2022年3月20日(日)。

 

・『同志少女よ、敵を撃て』(逢坂冬馬/早川書房)

 

圧巻。2日で読んでしまいました。今年の本屋大賞は4月6日発表ですが、もう、これが選ばれるでしょうね。娘も読むことになると思います。

 

「独ソ戦、女性だけの狙撃小隊がたどる生と死。」が帯のキャッチコピーですが、戦争と女性をテーマにしています。

 

そして、今年の本屋大賞において『同志少女よ、敵を撃て』が評価されるであろう理由の一つは、2022年2月24日に開始したロシアによるウクライナ侵攻と、偶然にも発売時期が一致したこと。

 

なにせ、1942年から1945年にかけての、

 

「戦争と女性」

「市街戦の実態」

「対ナチスドイツでのロシアの防衛戦争

「舞台はウクライナ周辺」

「ウクライナとコサック」

 

を扱った小説ですから。

 

これを読むと、現在進行形で展開されている「対ウクライナでのロシアの侵略戦争」において、現地で何が起きているのか、想像ができるようになります。

 

中学受験生ですと新小5-6の方にもお勧めできます。ウクライナ戦争への感度が上がると思います。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

①公文:英語KII、数学K、国語J

②英単語:パス単準1級を初回暗記中

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


Posted by senki