小1/読書/106:『クラバート(上)』(プロイスラー)

娘の読書・映画


公文国語D(=小4)の推薦図書である、『大どろぼうホッツェンプロッツ』に興奮した娘。

 

同じ著者なので面白いだろうと思い『クラバート』(上巻で213ページ)を借りて、内容も見ずに娘に渡したのですが、巻末を見ると、「中学から」と書いてありました(汗)。

 

気が付いた時にはすでに娘は『クラバート』の世界にいたので、途中でやめるわけにもいかず。見守っていましたが、普通に読んでいました。

 

娘:「すごくおもしろかったではないけど、おもしろかった。」

 

僕:「言葉の難しさは?これ、中学生の本なんだよ。」

 

娘:「まあ、普通だね。読めるよ。でも、これで、中学生の本とは思えないな。もうすこし、学年を下げたほうが良いと思う。五年生くらいでも読めるんじゃないかな?」

 

①どんなお話し?
②どう思いましたか?
③主人公ならば?

 

娘:「①クラバートがしょく人になるお話。②おもしろかったです。馬車が空を飛ぶからです。③クラバートみたいにしょく人になってみたい。」

 

・・・一つ一つの単語の意味を正確に取れているとは思いませんが、大体の意味、を理解できるし、また漢字を知っていることからルビに目をやることなく、読めている、模様です。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位クラス【2016年7月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki