小4/サピックス:2019年12月/マンスリーテスト(結果)

2019年12月(小4)


2019年12月15日(日)。

 

結果速報の日。

 

2科>算数>4科>65>国語>理科>社会

 

α2以上は余裕で確定。まあα3くらいでいいやっ、という適当なかんじなのであまり気にしないのですが、最近のα1は条件がかなりシビア。順位が2桁だったら確定なのですが。

 

サピックスのクラス基準については、一般的には7月組分けで分析した通りなのですが、α1だけ大幅にインフレしている印象があり、「上位比率」は実はあまり参考にならないようです。最近見ているのは、単なる「順位」。こちらの方が信頼性が高いようです。α1を争う層は、下位層からは完全に独立している集団であり、全体の影響を受けないんですよ、これが。

 

1~100:α1確定

101~200:α[xx]

201~300:α[xx]

301~400:α[xx]

401~500:α[xx]

 

といったかんじです。

 

・・・我が家の目標はα3であり、今は数学J200終了テストが最優先事項なので時間をかけていないので、まあこんなものかという印象ですが、

 

娘:「あー!算数の大問1の正答率85%の問題を落としている!」

 

とかやっていますので、ほんと1問のミスでいろいろと変わるような感じです。

 

尚、小4のテストももう終わりなんですね。。新小4に入ってからサピックスでは10回のテストがありましたが、娘は4科目で偏差値65を割ったのは2回のみ、しかし70を超えたことは1回も無いという、「まあ悪くはないけど凄くもない」という結果になりました。まあ、女子なのでこれで許されるのかもしれませんが、男子の世界は大変ですね(汗)。

 

以下、小4最後の時点での状況です。サピックスは時間配分的には(失礼ながら)殆ど無視しているので、こんなものだと思います。公文数学J200終了後に、一気に時間の使い方を変えるつもりです。

 

結論。サピックスは小5以後にようやく開始する塾である

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J/上位0.3%/東京都27位【2019年1月29日から】

②公文:国語K/上位0.3%/東京都15位【2019年10月26日から】

③公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:パス単5級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki