新小3/道具:教材収納方法の改革

2018年01月(新小3)


2018年1月5日(金)。

 

低学年にして既に苦労し始めた、教材の収納方法。

 

これまでリビングに置いた娘の本棚に教材を置いていました。小1の間は何の問題もありませんでしたが、小2の終わりともなると、なかなかの分量になりました。計測してみました。

 

①横の長さ:現時点で約200cmある。

②奥行の長さ:サピックスプリントがB4なので、B4ボックスの38cmは必要。

③縦の長さ:A4で縦が最長になるので33cmは必要。

 

娘:「パパ、悪いけど、私はシルバニアファミリーの家を置きたいんだよね。自分の本棚に。」

 

大のシルバニアファンである娘は、邸宅を3つ持っています(含むビンテージモデル)。暇さえあれば、シルバニアでごっこ遊びをしています。たしかに、教材で自分の本棚が占拠されるのは道理にかなわない。

 

僕:「分かった。今後、教材を君の本棚に置くのはやめる。君はシルバニアを自分の本棚に置いていいよ。楽しいでしょ?」

 

娘:「やった!」

 

・・・ということで、教材を僕の机の上に一時的に引っ越し。しかし、机の上も既に満杯であり、今後小6までの収納能力はとてもありません。

 

僕:「パパの本棚の上の方ではダメかね?」

 

娘:「パパが出張中とかだと、自分で教材を取ることができないから駄目だね。」

 

僕:「あ、そうか。。」

 

以上を鑑み、以下に該当する本棚を探しました。

 

①奥行がB4に対応すること。無印良品だとこれが厳しい。

②縦はA4に対応すること。

③巨大であること。

 

検索した結果、IKEAの「KALLAXシュルフユニット」が良いのではないかと思うに至りました。サイズは182cm(横) x 182cm(縦) x 39cm(奥行)。背板は無いので、壁に密着させることでストッパーになるし、奥行が多少39cmよりも長いものがある場合は、壁から少し離してセットすれば収納可能。この1個があれば、今後増えていく教材も楽々収納できるような気がします。値段も2万円ちょいなので、不要になれば気軽に廃棄できる。

 

もう少し考えてから、意思決定をしたいと考えます。無印良品は奥行がB4に対応するものが無さそうなので厳しいなあ。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位7%【2017年10月確認テスト】

②公文数学:上位0.5%/G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:上位2%/FII教材(=小6後半)【2017年12月1日から】

④漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小3【2017年12月10日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki