小4/公文:国語J65でそろそろ限界か?

2019年07月(小4)


2019年7月9日(火)、朝。

 

公文国語J65。1枚やるのに、30分は使ってしまったのではなかろうか。。

 

娘では歯が立たない。しかし、確かに難しい。題材は、「蜻蛉日記と更級日記」。

 

問題は、「筆者によれば、傍線部のように道綱母が物語の世界に傾倒・同化していったのはなぜですか」。

 

一言で言えば、「物語の他に自分を慰めるものがないから」なのだが、これを理解するには、以下を読み取らないといけない。

 

①かつて美しく、今は老いた道綱母というファクトの認識。

②自分を慰めるという気持ち。

③(文章に書かれていないが)物語くらしいかなかったという時代背景。つまり、写真もビデオも無い世界。

 

・・・娘は上記①は認識していたが、②の気持ちが読み取れない。そして、③に対する考察もできない。

 

結論として、そろそろ娘の限界に到達しているようです。

 

ちなみに、公文の模範解答は以下の通り。

 

=quote=

人生の花の時を虚しく過去のものとしたやるせない悔恨、深々とした諦観の心を慰めるものは、物語を措いてなかったから。

=unquote=

 

しかし、この解答も分かり辛い。そもそも「措いて」は小4には読めない。せめて、以下にしてくれないと解答をみて見ても理解できない。

 

「人生の花の時を虚しく過去のものとしたやるせない悔恨、深々とした諦観の心を慰めるものは、平安時代には物語くらいしか存在しなかったから。」

 

・・・さて、どうしようか、公文国語J。続けるか、卒業すべきか。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki