小4/リブログ:”小1/公文先取り:最大公約数=数字の感覚”

2019年08月(小4)


2019年8月8日(木)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

公文算数の先取りをしています。「公文と相性が悪い」とか「公文と合わなかった」とか「公文を進めても定着しなかった」とか、いろいろな公文問題がありますが、以下を守っていれば、子供が公文を嫌いになる可能性は減ると思います。

 

①公文の先取りをやる(四則演算までは)。

②公文は枚数ではなくて、「時間制」にする。

③「時間制」に間に合わないならば、a) 枚数を減らす、または、b) 簡単にできるレベルに撤退する。

 

・・・「公文で算数が嫌いになる」というのがワーストケースなのですが、上記①②③を守っていないケースに多発する気がします。スラスラできる状態ならば、公文を嫌いになる子供の方が珍しい。親のエゴで、無理な進度を押しつけるから、公文が嫌いになる。

 

あと、大事なのは、「計算視力」。この記事を読むと、基本的な計算を暗記していない状態の娘が、数の量感を獲得していないことが記録されています。この記録は、現在の僕からみて貴重なものです。もう、娘の当時の状態には戻れないから。

 

=quote=

『くもんの小学ドリル5年生の分数』p.19。

 

最大公約数の問題。

 

①(18, 30) → 正解

②(20, 30) → 一瞬考えていたのでアウト

③(48, 54) → 正解

④(30, 60) → 正解(これはクルリンパ逆上がり実施する金星。よくぞ一瞬で分かった!)

⑤(48, 60) → 考えても分からずアウト

 

上記⑤が直感的に分からないのは課題ですね。そろそろ、11から20の倍数を暗記するべきなのかもしれません。スペシャル百マス計算を作ろうかしら。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語E(=小5)【2019年07月23日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki