小5/サピックス:2020年5月度マンスリー確認テスト(自宅受験をパスします)

2020年05月(小5)


2020年5月11日(月)。

 

受験する意味が薄いので、パスします。

 

高得点をとっても安心できず、また、テスト結果が悪ければ受けたこと自体を後悔するテスト。なんの罰ゲームだよ(笑)。

 

唯一役に立つとすると、「絶対基準で我が子が解けない問題を把握する」という手法。よって、現時点では、問題も見ません。7月組分けテストが開催されるならば、その前に理社をざっと解くことで知識はカバーしようと思います。

 

・・・まあ、僕も娘がα1にいるからメンタル的にも超然と無視できるような気もしますが、そもそも、2か月も前の3月の組分けテストの結果なんて昔話すぎて、ほぼ意味を為さないですね。「日々の学習方法が正しいのかどうか」を正確に判定できるツールが無いというのは、けっこう辛いことである。

 

だから、せめてテストは4月中に教室でやってほしかったのですけどね。「(授業料を正当化するための)仕事したふり」の圧縮版解説授業なんて教室でやらなくてよかったのに。重要な意思決定をことごとく失敗し、優先順位をつけるのが苦手なサピックス様♪。

 

塾の存在理由は、「公正なテストによる正確な立ち位置把握」が大きいですね。特にサピックスは母集団が中学受験市場の上澄みなので、この立ち位置把握機能が大事なのだが。

 

「我が子の学力がいまどこにあるのか分からない。」

 

金融市場と一緒で、塾業界も"価格発見機能"が最も大事なんですよ。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki