小5/映画/051:『アラジン』

娘の読書・映画


2020年11月14日(土)。

 

娘が鑑賞する51作目。宿題終わってないし、明日、英検3級の面接ですが、ついうっかり映画を見てしまいました。小5だからまあいいでしょうw。

 

アラジン(字幕版)』。2019年の映画です。コロナ前なので、もう遠い昔のようですが、1年前なのですね。

 

娘:「いや、、、もう、、、凄かった!ディズニーの、特に女性に対するメッセージ性が素晴らしいね。女性の人権に対するディズニーの主張。先週、パパとママと一緒にライブで見たカマラ・ハリスさんの演説に通じるものがあったよ!」

 

僕:「ウィル・スミスが素晴らしいな。映画のエンドロールでは、一番最初に名前がでていたが、主役は彼だな。素晴らしい個性だ。」

 

妻:「ディズニーは裏切らないね!」

 

・・・尚、アラジンというと僕が想起するのは、こちらのAladdin。中学受験生の保護者は知っておくべき、資産運用の世界の脇役が主役になるお話です。

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語III/上位20%【2020年10月17日から】
③算数:塾カリキュラムでオントラック
④語彙:パス単準2級+言葉ナビ下巻
⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki