小4/公文:進度一覧表基準認定証(2019年3月末時点→東京都の特殊性)

2019年06月(小4)


2019年6月11日(火)。

 

見ていて面白い、公文人口動向。

 

東京都の特殊性が浮かび上がります。2022年東京都の公文算数が明確に減少に転じたのは、小3の9月。その後、急減。全国でみると、そこまでは減少していません。

 

つまり、首都圏中学受験事情から、小3の夏休み前か後から通塾を開始して公文を整理(=辞める)する、という流れと解釈するのが適当だと思います。

 

・・・多くの公文ユーザーが間違えていることが2つあると思います。

 

第一に、算数>国語だと思っているけど、実際に重要なのは国語>>>算数だということ。理由は簡単で、公文国語に代替する教材は存在しないから。公文算数は、うまくやれば、公文ドリルとRISU算数で代替することが可能である。

 

第二に、公文をやめる時期が早すぎるということ。内容の観点からは、大手塾の通学と、公文は全く競合しません。金銭的な意味に限定すれば、当然ながら競合しますが。しかし、中学受験終了時に、既に高校数学分野に習熟しているサイヤ人がいるのに、中学受験でエネルギーを使い果たしてしまったお子さんが勝つには、そこから更なる教育投資資金が必要になると思われる(お金で解決するとも思えないが)。

 

・・・我が家は、2022年2月5日(土)時点での仕上がりを考えて、今から行動します。

 

(1)東京都

 

(2)全国

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.2%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C②【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki