小4/コメントへの回答:「江戸時代を賞賛するのはかまいませんが」

2019年08月(小4)


2019年8月24日(金)。

 

コメントを頂戴しました。

 

=quote=

■気になりましたさん

 

江戸時代を賞賛するのはかまいませんが、割り算九九は帰除法でのソロバンでこそ価値のある暗記方法であり、現在の筆算や商除法でのソロバンでの割り算では必ずしも有用性のあるものではありません。

必要としている内容が違うのですから、そこに優劣を付けて『江戸時代より劣る』という言い方を何度も繰り返すのは、見ていて気持ちのいいものではありませんし、底が浅いと思います。

=unquote=

 

御指摘の通り、時代により市民に求められる能力は異なりますが、「絶対的基準」で考えると優劣は実際に存在すると考えます。

 

例えば、以下事例に対して反論することは難しいのではないでしょうか。

 

①江戸時代に生きた人の足腰は、現代人よりも強い。

→僕は東京から京都までの東海道五十三次を徒歩で歩いたことがあります。江戸時代は、舗装されていない旧道(=ほぼ軽トレッキングです)で、平均して12泊13日で移動したわけですが、この速度は現代基準ではとんでもないよ。僕は14日要しました。

 

②縄文時代に生きた人の狩猟採集スキルは、現代人よりも上。

→僕は銃狩猟をするから分かるのですが、縄文時代に弓矢とか槍で獲物を仕留めるのは、現代基準ではもはや想像できないレベルです。僕は50m先の標的に500円玉程度の範囲に着弾させる技術を持っていますが、それでも獲物を仕留めるのは難しい。縄文時代の弓矢ですと、有効射程なんて25mも無いでしょうから、どうやって近づいたのかすら想像ができません。

 

③古代人の口伝能力は、現代人よりも上。

→アイヌ民族が良い例ですが、文字を持たないことから、基本的に全て口伝となります。長い物語を正確に暗記する能力は、文字を持たないことにより磨かれたものと考えます。大和民族ですと、ぎりぎり表記可能な万葉仮名を持てた飛鳥時代の『古事記』編纂における稗田阿礼の暗記能力も凄かったと思います。

 

・・・では、江戸時代における暗算能力ですが、恐らくは一般市民レべルで考えても、現代人よりも上だったのではないでしょうか。なぜならば、

 

1) 電卓が無い(算盤はあったが)

2) 筆算するにも紙は貴重

3) 基本的に算数は娯楽だった(※現代では無い感覚)

 

でしたので。

 

僕としては、テクノロジーの進化により弱体化した部分については、先人たちの知恵を活用させて頂き、取捨選択の上で適宜現代で導入すればよいと考えていますので、明治以後の画一的教育で「九九」にまで劣化した計算暗記を、現代風にアレンジしているだけです。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語E(=小5)【2019年07月23日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki