小4/サピックス:夏期講習の総括

2019年08月(小4)


2019年8月25日(日)。

 

小4サピックスの夏期講習は、結局のところ、①内容スカスカ、②負荷も低い、という結論になりました。

 

それもそのはず、基礎的なところを強化しているから。娘のスタンスとしては、a) たんたんと処理する(=頭は使わない)、b) 間違えた問題はまさに「宝物」なので大事に取り扱う。

 

サピックスは小1~3までもそうでしたが、リアルタイムで小4をやっている限り、やはり「解けることを確認しにいく場」のようです。なにかを習う場所ではなく、先生との議論や、社会の先生を中心にテキストの範囲外となる良質な周辺知識を楽しむ、サロンのような印象でした。

 

クラス内部では、先生がサピシ(=サピックスシール)を景品とした競争を煽ることで、娘は楽しく競争をしていたようです。

 

娘:「今日はこんなに貰っちゃった!」

 

と約30枚のサピシを持ち帰った娘は、実に楽しそうでした。一般的に、「まだ小4なのに塾で長時間を過ごして可哀そうに・・・」という印象を持たれやすい世界ですが、僕の目からみると、娘は知的に遊んでいるように思います。

 

娘:「それでも、ジュニア算オリの話にはなかなかならないよ。ファイナリストにまで残ったのは、うちのクラスでも数名だから。あまり話題にならない。でも、サピックスの算数問題で頭いいなあ、と思える同級生はだいたい受験していたね。算数の難問を、スマートに解ける男子は、かっこいい!」

 

サピックスα1=サロン。

 

・・・可能な限り、娘にはサロンに居続けて貰いたいですが、確実に在籍するようにするためには時間投資効率が悪いので(=公文数学J・国語J・英語Eを捨てることになる)、今後もα3くらいまでを目指すことにします。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語E(=小5)【2019年07月23日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki