小4/リブログ:”小3/RISU算数:タブレットで復習をする意味”

2019年11月(小4)


2019年11月12日(火)。

 

小3戦記君、1年前の記事。

 

そう。全ては「使い方」だと思います。サピックスが駄目だとか、公文が駄目だとか、RISU算数が駄目だとか、結果が出てない人はケチをつける。ただ、問題なのは、道具にすぎないアウトソース先を「どう使うべきかのか」だと思います。

 

タブレットのようにデータに基づく仕組みになっていると、恐らく「どう使うべきなのか」を考える必要が無くなり、統計データに基づく最適解である手順に従えばよくなると思います。簡単に言えば、「分からないところまで戻る」(=娘が小2の夏休みに小1からやり直したこと)ことが、簡単にできるようになる。

 

人気講師による職人芸が求められた古き良き時代は終わり、データに基づくようになるのが、令和時代の中学受験になると思います。とはいっても、「基礎部分」だけかな。算数オリンピックのような世界は、ひきつづき紙と鉛筆の世界だと思います。

 

=quote=

紙のテキストではないからこそ、できることがありますね。当初の仮説通りです。

 

低学年サピックスも公文もRISU算数も、全ては使い方だと思います。そりゃ、アンチ低学年サピックスの方もいれば、アンチ公文の方もいれば、アンチRISU算数の方もいらっしゃるでしょう。アンチの方はアンチで良いと思います。他に方法があるならば。

 

ただ、時間は残酷に過ぎ去っていきますね。天才児以外は、毎日少しずつ積み上げるしか方法が無いことは明らかなのに。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J/上位0.3%/東京都29位【2019年1月29日から】

②公文:国語K/上位0.3%/東京都16位【2019年10月26日から】

③公文:英語GI/上位86%【2019年10月8日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:パス単5級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki