小5/映画/026:『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

娘の読書・映画


2020年4月13日(月)。

 

昨夜鑑賞。

 

2007年の映画。

 

娘:「大英帝国の基礎がどうやって作られたのか、理解できておもしろかった。イギリスはスペインに打ち勝って、覇権国家に成長していったんだね。1588年のアルマダの海戦のシーンはすごかった。。エリザベスがどんどん強くなっていくね。当時は海賊といっても、認められた存在だったんだね。」

 

妻:「(ネットで調べて)エリザベスはベスを妊娠させた彼を、ロンドン塔に2か月も幽閉したんだ。。」

 

僕:「アルマダの海戦のシーンだけど、"フランシス"の影が薄すぎるし、そもそも"フランシス"だと日本人は誰も分からないと思うぞ。最後、エリザベスが負傷したフランシスを訪ねるシーンも、あれじゃ分からん。"フランシス・ドレーク"と言わないと。」

 

・・・英国では英雄として誰もが知っているはずですが、米国ではどうなのだろうか。フランシスで通じるとも思えません。

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki