小6/記事レビュー:Yahoo「中学受験塾の裏用語? 成績下位クラスの「振込くん」「お客さん」から脱出する戦術」

2021年06月(小6)


2021年6月23日(水)。

 

・2021年6月21日:Yahoo「中学受験塾の裏用語? 成績下位クラスの「振込くん」「お客さん」から脱出する戦術」

 

=quote=

主人公・黒木蔵人が務める桜花ゼミナールでは、6年生1人当たりにかかる費用は年間126万9000円(※作中の一例)となっていますが、これは相当控えめに設定された数値でしょう。首都圏や関西の有名進学塾では、年間250万円以上かかるところもあります。

=unquote=

 

実態に近い数字だと思います。ただ、ダブルスクールやトリプルスクールをした場合の金額だとは思いますが。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語JII/上位6%【2021年4月9日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki