中1/記事レビュー:幻冬舎「中学受験最新事情「難関校の易しくなった算数の正しい解き方」」

2022年07月(中1)

2022年7月1日(金)。

 

・2022年7月1日:幻冬舎「中学受験最新事情「難関校の易しくなった算数の正しい解き方」」

 

=quote=

「難しい問題が減ったのなら、ラッキー!」と思われるかもしれませんが、難関校を目指すお子さんにとっては、そうとも言い切れません。

 

難関校ほど算数が難しくなりがちなのは、思考力を問おうとするからです。しかし、難し過ぎる問題は、算数を非常に得意とするごく一部の受験生にしか手がつけられません。多くの受験生が「捨て問」と判断してしまえば、その問題の得点は合否ラインへの影響が薄くなり、結果として算数の平均点が下がります。つまり、算数ができない子も合格してしまう可能性が高くなるのです。

 

そこで、受験生が問題をパッと見たときに、まったく手が出せないというレベルではなく、これまでに似た問題を解いてきたからできるのではないかと思える、「捨て問」にされないギリギリのレベルに問題を設定し、条件をちょっとだけ複雑にするという問題へと「易化」されたわけです。

 

だから、与えられた条件をしっかりと読み取り、それに基づいて図を書き、情報を整理するという、算数の問題を解くときに必要な作業を受験本番で当たり前に行えれば正解できます。

 

言い換えれば、これらの問題は、「しっかりと読み取り、それに基づいて図を書き、情報を整理するという学習習慣がついていますか?」と問うているのです。

=unquote=

 

西村氏ですが、今回も良い記事を書いています。

 

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

①公文:英語LI、数学L、国語K

②英単語:パス単準1級までを熟成中

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

Posted by senki